金銭 消費 貸借 契約 書。 金銭消費貸借契約書(簡易型)

法律に反する金利の記載は、最悪の場合、契約自体が無効になることがあるので注意が必要です。

消費貸借契約とは? 民法587条において、消費貸借契約は次のように規定されています。

金銭消費貸借契約はどのような時に交わすのか? お金を借りる事情はさまざまですが、代表的な場面をあげてみましょう。 使用貸借とは、「無償で他人の物を借り、使用収益した後でその物を返還することを約束する契約」です(民法593条)。 逆に、 必要な項目が抜けていたら正規な書類として認めてもらえません。 未成年者にお金を貸す場合に借用書を書かせても、 親権者の同意がなければ後で取り消すことが可能です。 そのため、正式に書面を交わす場合は誓約書ではなく借用書や金銭消費貸借契約書を作成しましょう。 なお非常に複雑な契約は除かせていただきます。

金銭消費貸借契約には当然に利息が付いているわけではなく、契約で利息を定める必要があります。

また、悪意なく 「お金を借りたのを忘れていた」「借りたのは覚えているけれども、いくらだったのか記憶が不確か」ということもありますよね。

借主が裁判で「間違いなくお金を借りました」と認めなければ、同姓同名の他の誰かがお金を借りたのではないかと判断されてしまいます。

後日のため本書を差入れます。

必要項目 注意点 タイトル 「借用書」など、書類の作成目的が一目でわかるタイトルを付ける 作成年月日 金銭の授受が発生した日 借用した事実 借主が借用したという事実を述べる文言 金額 金額の前に「金」を記し、間隔を空けずに金額を大字で記載する 貸主の名前・住所・押印 金銭消費貸借契約書は手書きで押印必須 借用書は手書きである必要はなく押印も不要 借主の名前・住所・押印 手書き 認印でも可能だが、偽造防止のために実印と印鑑証明書添付がおすすめ 金銭授受が発生した年月日 作成した年月日と同日であること 返済期限の年月日 かならず具体的な年月日を記述 「3ヶ月後」等の曖昧な表現は不可 返済方法 手渡しや振込などを指定する 収入印紙 1万円以上の貸借には必要 返済期日や返済方法は必ず書く 返済期日と返済方法は省略してはいけません。

貸主の立場でレビューする場合 民法上、金銭消費貸借契約が法律上当然に効力を失うのは、破産手続きの開始の時のみです。

35