レース 事故 悲惨。 世界の最も恐ろしい災害・事故 トップ5【写真】

カーレースは 歴史あるモータースポーツです。 しかし、「走る事が僕の仕事だから、走らなくてはならない」と自分に言い聞かせるかのようにマシンに向かいます。 40歳の死は多くのファンを悲しませた。 初心運転者は運転が未熟で危険に対応できないだけでなく、自ら「リスクテイキング行動」を行うことで危険を招き寄せてしまうという。 カーレースF1に参戦しているチームドライバーの中で、最も 歴史に残るドライバーといったら、「アイルトン・セナ」だと思います。 その代償はあまりに大きい。 トム・プライスの事故映像は悲惨の一言ですよね・・・もう二度と見たいと思いません。
23

僅か数十センチ先にはカメラマンが… 時速320キロでタイヤウオールに突っ込み粉々に吹っ飛んだアウディ。

でもどうやらF1のカーレースを行う鈴鹿サーキットや富士スピードウェイなどの場所ではなく、ほとんど公道を走っているそうで、東京から千葉まで横断したりと、ツーリング気分もカーレース気分も味わえて何だか楽しそうですよね。

事故が起きた場所には、現在、マシンのスピードを抑制するためにが設置されている。

グループ名の由来もそこにあった。

宙を舞ったレースカーは、後向きに回転しながらアスファルト路面に叩きつけられた。

ミュルサンヌ・コーナー手前で、またもやウェバーの運転する4号車が宙を舞った。

86