ミラン 対 インテル。 ミラン対インテル【セリエA第4節】

そして、2016年1月31日から1度もダービー戦で勝利していないミランだが、イブラヒモビッチの元で復活する見込みは十分あると思われる。

途中出場クリスティアン・エリクセンに鮮やかなフリーキックを沈められてしまった 『Opta』によると、ゴールを奪ったルカクはこれでセリエAでのミラノダービーの連続得点記録を「4」に伸ばすことに(カップ戦を含めると5試合連続得点)
1942• でこれまでに3回優勝している(1964年、1965年の2連覇と2010年) 2007-08 2007-08シーズンはセリエA3連覇を達成するも、シーズン終了後にマンチーニは解任された
今季のリーグ優勝を占う一戦、近年で最も重要なダービーマッチになるという認識は、クラブや選手だけでなく、両チームの一戦を見守る全ての人も同じだったはずだ しかし、前半終了間際に起こったルカクとの口論が原因で提示されたイエローカードがあまりに余計だった
(英語)• CLのグループステージは、、スラヴィア・プラハと同グループになった 途中出場クリスティアン・エリクセンに鮮やかなフリーキックを沈められてしまった
インテルにとって間違いなく危険人物となっていた 得点は51分にインザーギ、56分にカカー、76分にフリオ・クルース)
これで数的不利な状況に追い込まれたミランは、インテルの猛攻を浴びることに なお、は会長の座に留任することになる
:7回• 最前線におけるパワーとオーラは相変わらず別格で、32分にはコラロフの詰めが甘いとみると迷わず右足を振り抜きゴールネットを揺らしている 2011• ただ、試合中の舌戦は珍しいことではなく、むしろイブラヒモビッチの返し、いわゆる「イブラ節」が好きな人も多いはずだ
1999• さらに90分、ゴール前でのラウタロとのコンビネーションからルカクが決定的なシュートを放つも、至近距離からのシュートは再びGKタタルシャヌがファインセーブで切り抜ける インテルに守りの形を定めさせてしまった
バランスを取るカラブリアはとくに前半、サレマーカーズを追い越す動きが少なく、右サイドは深さを作れない 現に、パラシオがこれまで決めた貴重なゴールはインテルに勝ち点20ポイントをもたらしている
優勝を狙っている」と話したステファノ・ピオーリ監督はこの試合でも4-2-3-1システムを採用 後半、1点を追うインテルはダルミアンに代えてハキミを投入

また、を3回、2回、を1回制している。

ミラノダービーが行われるのはこれが今シーズン3度目。

途中出場クリスティアン・エリクセンに鮮やかなフリーキックを沈められてしまった。

この日は試合を壊してしまった。

1938-39, 1977-78, 1981-82, 2004-05, 2005-06, 2009-10, 2010-11• ローマは2位ミランと5ポイント差となっており、週末には直接対決を控えている。

1-0のまま後半に入ることができたミランだが、58分に悲劇。

チームメートのアクラフ・ハキミ(右)とゴールを喜ぶインテルのラウタロ・マルティネス(2021年2月21日撮影)。

75
セットプレーで均衡が破れた。 優勝を狙っている」と話したステファノ・ピオーリ監督はこの試合でも4-2-3-1システムを採用。 昨年問題児と化したイカルディは、を、を、ナインゴランをカリアリ、をへ放出し、人員整理にも成功した。 また、アタランタ(Atalanta)は同じく4位を争っているナポリ(SSC Napoli)を4-2で下している。 アディショナルタイムは10分と表示され、インテルはコラロフに代えてヤングを投入。 そもそもベルギー代表FWはカトリック教徒であり、ブードゥーによる影響は皆無だとし、モシリ氏に対しては法的措置も検討中と明かしていたなど、当時は問題となっていたのだった(事実、ルカクはチェルシーではなくマンチェスター・ユナイテッドに移籍)。 1956• なお、ルカクはこれでインテル加入後のミラン戦すべてで得点を記録するという結果に。 そして69分にPKを献上すると、これをロメル・ルカクに冷静に決められ同点に追いつかれた。
57