東京 都 時短 営業 協力 金。 時短営業だけでは協力金はもらえない! 22日以降は「コロナ対策リーダー」の登録必須に【東京都】

なお、過去の営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(令和3年1月8日~2月7日実施分または令和3年2月8日~3月7日実施分)で支給決定した店舗については、該当の申請時の申請者名、振込口座、申請店舗が同じであれば、提出書類が簡素化されます さらに、今回は追加要件として 酒類の提供は11時から19時までとすることが定められていますのでご注意ください
申請書類は今回初めて営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金に申請する場合、または過去の申請により給付決定通知がある場合によって異なります 「疑いがあれば対処しなくてはなりませんが、すべてをすぐに確認するのは、人員的にもちょっと難しい
緊急事態宣言の効果は不確定的要素が大きく、17日間という短期間で政府・自治体や専門家らが期待するような効果が出るかは不透明だ 今回初めて申請する場合 1 営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金申請書(11月28日~12月17日実施分) 2 誓約書 3 要請の開始日(令和2年11月28日)より前から営業活動を行っていることがわかる書類 (税務署の収受印が押印された直近の確定申告書[控え]または住民税申告書[控え]、営業に必要な許可等を取得していることがわかる書類 [写し]) 4 酒類の提供を行っていたことがわかる書類 [写し](飲食店のみでカラオケ店は不要、メニューや仕入れ伝票など) 5 営業時間短縮(または飲食店における酒類の終日提供中止)の状況が確認できる書類 6 「感染防止徹底宣言ステッカー」を店舗に掲示している写真 7 本人確認書類 [写し](法人:法人代表者の運転免許証、保険証等、個人:運転免許証、保険証など) 8 支払金口座振替依頼書 過去の申請により給付決定通知がある場合 1 営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金申請書(11月28日~12月17日実施分) 2 誓約書 3 酒類の提供を行っていたことがわかる書類 [写し](飲食店のみ、メニューや仕入れ伝票など) 4 営業時間短縮(または飲食店における酒類の終日提供中止)の状況が確認できる書類 5 「感染防止徹底宣言ステッカー」を店舗に掲示している写真 令和2年12月18日~令和3年1月7日期間 支給額 一事業者あたり、一律84万円 主な対象要件 基本的には、前回令和2年11月28日~12月17日期間の対象要件と同様です
<郵送宛先> 〒137-8691 日本郵便株式会社 新東京郵便局 私書箱106号 営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(令和3年1月8日~2月7日実施分)申請受付 持参(都税事務所・支所庁舎内) 申請書類を都税事務所・支所庁舎内に設置した専用ボックスに投函することで提出できます 休業中の生活を支えているのは、言うまでもなく協力金だ
ガイドラインを遵守し、「感染防止徹底宣言ステッカー」を店舗ごとに掲示すること• これまで、緊急事態宣言が感染抑制の効果があったのかどうかについて、きちんとした検証がなされた試しはない なお、飲食店等以外の店舗で緊急事態措置以外の対応として協力を依頼している劇場、集会場(貸会議室など)、運動施設(スポーツクラブ、ヨガスタジオなど)、遊技場(パチンコ屋、ゲームセンターなど)などについては、協力金の対象となりません
申請方法はインターネット申請が中心となり、事情によっては郵送や持参での申請での申請も可能です 申請事業者の代表者、役員又は使用人その他の従業員若しくは構成員等が東京都暴力団排除条例第2条第2号に規定する暴力団、同条第3号に規定する暴力団員又は同条第4号に規定する暴力団関係者に該当せず、かつ、将来にわたっても該当しないこと
(3)申請期間&申請方法 申請期間は、 2021年2月22日(月)~2021年3月25日(木)です 感染拡大防止協力金とは 各都道府県の自治体では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、飲食事業者等に対して営業時間短縮の要請をしました
対象となる店舗 東京都内で酒類の提供を行う飲食店 夜間時間帯(夜22時から翌朝5時までの間)に営業し、顧客に酒類の提供を行っていた方で、次のいずれかに該当すること 営業時間短縮の状況がわかる書類• (法人)法人代表者の運転免許証、パスポート、保険証等の書類• 電話での登録により、宣誓書が締切日までに届かない可能性がある場合は、リーダー名、店舗名及び電話での登録日を記載した書面(様式自由)を添付し、申請期間内に申請書類を提出してください
つまり、3月8日から3月21日までの分、 84万円を受給できます なお、 現住所等が裏面記載の場合は裏面もご提出ください
88

書類一式はよりダウンロード、または都関係機関(都税事務所・支所・都内区市町村)などで入手できます。

コロナ前までは、月の売り上げは平均60万円ほど。

申請書類 基本的には、前回令和2年11月28日~12月17日期間の申請書類と同様です。

(悪い例)• (日単位の協力で協力金を支給するものではありません。

ガイドラインを遵守のうえ「感染防止徹底宣言ステッカー」を要請期間中に申請した対象店舗において顧客が見やすい場所に提示していること。

また、営業時間の短縮などに向けて準備が必要な場合は、営業時間短縮の実施期間に応じて対象要件と認められますが、支給金額が異なります。

創業手帳冊子版では、自分が使える制度がぱっと見開きでわかるように、を掲載しました。

また、よくあるお問い合わせについて、以下のホームページでもご確認いただけます。

酒類の提供を行う飲食店またはカラオケ店であり、必要な許認可等を取得のうえ運営していること• チェックするのに手間がかかるという意味では、飲食店への協力金も同様だ。

16