ダゴン 呪術 廻 戦。 呪術廻戦107話 禪院直毘人強し!特級・陀艮(ダゴン)をボッコボコ!

作者によると、三輪の名前の由来はミーハーからきているようである。 彼の術式には「魂の形を変える」という力があり、触れた対象の体を好きなように改造できる。 自由に使いこなすには天性のコマ打ちセンスと時間感覚が必要。 その会話の困難性から周囲の人間から怖がられることがしばしばあるが、実際は温厚で心優しく、常に仲間に気を配っている。 使用する術式は、自身の影を媒介とした十種の式神術 「影法術(とくさのかげぼうじゅつ)」であり、御三家・禪院家相伝の術式の一つでもある。 刀に呪力をこめて使う戦法を取る。
91
一方で、夏油の肉体を利用している偽夏油については強い殺意を向け、彼を殺害する事で夏油を解放しようとしている 商品によって運送会社が異なる場合がございます
頭を回す為に甘い物を食べ続けたらそのまま甘党になり、特に仙台銘菓の喜久福を気に入っている一方、である 呪いだからね
力以外の序列を嫌い、自身が「強者」と認めた相手には強く興味を持ち、逆に「弱者」とみなした相手は一方的に痛めつけて楽しむ 「玉犬(ぎょくけん)」 の式神
釘崎とは、彼女にお菓子を手作りすると言った親しい仲を築いていたという ただし、非術師を「猿」と呼ばない、術師をぞんざいに扱うなど、本物とは異なる言動も見られる
生前、憂太の妹とは友好関係を築いていたが、死後怨霊になってからは攻撃的になり、憂太が家族と離れるきっかけになった 「Q(キュー)」 天元の暴走による呪術界の転覆を目論む呪詛師集団
激戦の末に虎杖を気絶させるが、トドメを指そうとした瞬間、虎杖が弟であるという存在しない記憶に戸惑い、逃走する また、高専を囲う結界は、植物や呪力を持たないものに機能しない
乙骨憂太は呪術界トップクラスの類い稀なる呪力量で折本里香を創り出していた 呪霊 人間(非術師)から漏出したが澱のように積み重なったことで形を成したモノ
5