体 を 柔らかく する。 3分でみるみる柔らかく 体が硬い人のための柔軟教室【日経ヘルス17年12月号】:日経xwoman

以上のことから、 ストレッチをする際は20秒という時間を心がけましょう。
5-2. 体が硬くても日常生活に支障はありませんが、体が柔らかいとメリットはたくさんあります。 そうなってからでは遅いので、柔軟性だけは常に高めておいてほしいのです。 でも股関節を柔らかくすると、以下のように多くのメリットが得られます。 なので自分がとりがちな姿勢とは逆のことをして、バランスをとることが大事です。 体が硬いと肩こりや怪我の原因となってしまうこともあり、あまりメリットがありません。 <やり方は超簡単> マッサージローラーorタオルを丸めたものを腰に横向きにセットして、その上に寝転がるだけ。
86 12

・あぐらのようなポーズから上体を前に倒すストレッチ まずは座った状態で左右の足の裏を合わせて、手を足の先に乗せておきます。

ひざが浮いてこないように、両手で軽くひざの上を押さえながら、その状態を 30秒間キープする。

その効果で、筋肉を伸ばすポーズをとれば瞬間的に体が柔らかくなります。

3の状態で呼吸しながら8秒キープする。

というのも、股関節の動きをスムーズにするためには、 股関節まわりの筋肉の柔軟性を高めて、関節の可動域を広げる必要があります。

はじめ色々な情報をみなさんにもらったとき、正直たーさんの情報はあまり信用していなかったんです。

7