中国 損害 賠償 世界。 ドイツ紙が語った、ドイツ人の本音=「中国は大嫌い」 ●ドイツ紙が衝いた中国の真実|長谷川七重@宇宙人思考から世界を観察してみます。|note

20日、英メディア「デイリー・メール」によると、米国の法律会社 バーマン法務グループは先月、米フロリダ州裁判所に感染症に感染し、 自分や家族が被害を受けたと主張する1万人を代理して集団訴訟を起こした。

新型コロナウイルス感染拡大で世界が混乱する中、それに便乗したサイバー攻撃が激増している。

これが、各国を刺激している。
中国政府が世界保健機関(WHO)へ十分な情報提供をしなかったことは国際保健規則に反するとして、国際社会は中国政府に法的措置を取るべきだと提言した。 日本が賠償問題に沈黙するのはなぜか 世界に目を転じると、中国が意図的に情報を隠ぺいした結果、被害が世界に広がったことへの責任を問う動きが広がっている。 もちろん、WHOや国連などの国際機関の理事などにも裏金や接待をしてきているそう。 アメリカでは4月21日にミズーリ州のシュミット州司法長官が数十億ドルにおよぶ損害賠償の提訴を発表、テキサス州では20兆ドル、フロリダ州では6兆ドル、カルフォルニア州では8兆ドルなどの集団訴訟が提起しています。 数千億ドルですら足りないだろう。 だからビルト誌が中国を批判したのでありましょう。 ドイツ政府の失敗のせいではありません。 イスラエルでは、有名なNGOが中国政府を相手取って数兆円規模の集団訴訟を起こすと報じられている。 横浜市立大学商学部卒。
73 86