ネッツ 対 ペイサーズ。 インディアナ・ペイサーズ

: 2012-2016• キャリア5年目の今季、ラバートはここまで12試合(うち先発は4試合)に出場して平均18. 「私とその家族は、インディアナ・ペイサーズのサポートと指導に感謝したいです。

にはを擁してABAファイナルへ進出するも、の前に敗退した。

でもペイサーズもここ最近の試合はいい活躍が多いので、ホームの利を生かしてぜひ勝ってもらいたいところです。

:1989-1992• ヒバート、ウェストを放出し、懸念されたインサイド陣も、初のスターターに起用されたがキャリアハイの活躍を見せれば、ルーキーのも台頭し、2シーズン振りのプレーオフ進出を決めた。

も第3戦ではチームハイの36得点を叩き出し、シリーズ平均26. クリスコープランドもこの試合はでてきました。

:2007-2011• イースタン・カンファレンス [ ] ファーストラウンド カンファレンスセミファイナル カンファレンスファイナル 1 3 8 2 1 ネッツ 4 4 ホーネッツ 1 5 1 4 3 1 ネッツ 4 3 セルティックス 2 3 3 6 2 3 セルティックス 4 2 ピストンズ 1 7 2 2 3• ということで、ネッツにはきちんとトレーニングキャンプをしてからの来シーズンに期待するとして、今シーズンはバックスに優勝して欲しいと思っています。

またセルティックスも前季を大幅に上回る勝率を収め、6シーズンぶりにプレーオフに復帰した。

劇的な結末の多い好シリーズとなったウエスタン・カンファレンス決勝だが、後日になって審判の不正ジャッジ疑惑が持ち上がり、両者とも死力を尽くしたこのシリーズが汚されることとなる。

09-10シーズンは、来シーズンのを筆頭とした有力FA選手の獲得に向けてさらに戦力の整理を続けリーグ最低の戦力レベルとなった。

11月は11勝4敗と上々の出だしであったが、12月に入ると5勝11敗と負け越し、HCのを解任。

:1967-1974 C• 「本当に大きな結果。

73
見どころは怪我から復帰したケビン・デュラントとカイリー・アービング• ディフェンスではカイリー、ハリス、ハーデン、グリフィン、シャメットと攻略できそうな穴がいくつかあるからです : 2017- 2019• プレーオフは6位で出場し一回戦でシクサーズと対戦、1勝4敗で敗退した
プレーオフでは1回戦でと激戦を演じたものの3勝4敗で敗退し、この結果を受けてHCは解任された 仮にスウィッチディフェンスをすれば、ヤニスとの1-on-1になってしまいます
、らに率いられたにはNBA加入後初のプレイオフに進出して、前年のチャンピオンのに1回戦で勝利しカンファレンス・セミファイナルまで進んだがに2勝4敗で敗れた そして、オフェンスではロペスのドロップカバレッジを崩せません
488 1回戦敗退 3, ネッツ 1 1992-93 43 39. 2021年1月23日 土 09:30 ネッツ対キャバリアーズ• ネッツで出場した1月12日のナゲッツ戦を最後にバスケットから遠ざかっていたルバートだが、2カ月ぶりの復帰戦となったサンズ戦で先発を任された バックスはジュルー・ホリデーを獲得するために、2027年までのドラフトアセットをトレード(2020年のペイサーズからの1巡目指名権、2024年の1巡目指名権スワップ、2025年の1巡目指名権プロテクションなし、2026年1巡目指名権スワップ、2027年1巡目指名権プロテクションなし)
: ()• 無期限でチームから離れることになった 「ネッツ」という名称は、の、のと韻を踏んでいるということで選ばれた
:1979-1981 1980年代 プレイオフ進出:5回• :1971-1975 C M 、1980-1982• : 2009-2012• そのためネッツは、ジュリアス・アービングをにで放出するという苦渋の選択をする :2001-2008• 先発のデロン・ウィリアムス()は、バックス戦で苦戦していたものの、この日は別人のようなプレーを見せ、17得点のうち15得点を第1クオーターで挙げた
万年ドアマットチームと言われ、前季も26勝に終わったチームに、ジェイソン・キッドが加入しただけで果たされたこの大躍進は、このシーズンの最も大きな事件の一つだった 2021年1月9日 土 10:00 ネッツ対グリズリーズ• ペイサーズは大きな連敗が2度ありましたからね
30