ホンダ ハンター カブ ct125。 ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! 燃費とロングツーリング性能は?ホンダゴー バイクラボ

日本で同様の動きがあるとの情報もあり、今春中には続報をお届けできそうな気配。

秋田県 0• さすがにお尻は痛くなったものの、このバイクはなおも楽しい! 給油すると、トリップメーター170. スコルパ 0• ラベルダ 0• 8 最高出力回転数(rpm) 7000 最大トルク(N・m) 11 最大トルク(kgf・m) 1. アドバイス 肩張らず気楽にのんびり走りたい方にオススメしたい1台です。
「Super Cub スーパーカブ 」シリーズの魅力である普段使いの気軽さに加えて、郊外へのツーリングやキャンプなどさまざまなアウトドアレジャーへの移動手段として、楽しみをより一層拡げる機能性を備えたモデル 飛ばして登ってくるバイクや車には道を譲ります
絶版名車 1980年〜 0• マットモーターサイクルズ 0• スタイリングは、スーパーカブシリーズのアウトドアレジャー向け派生モデルに共通した機能的でタフなイメージと、現代の生活スタイルとの調和を図った独自の存在感を主張するデザインとし、カラーリングは、市街地からアウトドアまで幅広い環境に調和するグローイングレッドとマットフレスコブラウンの全2色を設定 乗り出してみると、エンジンはCT125専用のセッティングなのだということが、よくわかる
このCT125ハンターカブは、少なくともアンダーボーンフレームのいわばセミスクーター式モペッドとは思えない出来 快適ロングツーリング• 「このまま遠くに行きたい」そんな諸症状にうなされながらも、兎に角仕事と言い聞かせて市街地走行を終えるのでした
群馬県 0• イタルジェット 0• まさに全方位型レジャーバイクとでも呼べそうなこのマシンが爆発的大ヒットを記録したことにも、じかに実車に触れ、実際に乗ってみた人なら、誰もがきっと納得できるはず エフワイエム 0• コーナー手前では、ブレーキをリリースしたあと一呼吸おいてターンインすれば、コーナリングも見違えるようにぴたりと安定します
2km/lとなります 先代CT110と同様に、エアクリーナーのインテークを車体上方に設置する、あるいはシート高が許す限りサスペンションを延長したことなどのリアルなオフロード仕様も、大きな魅力
ネイキッド 0• the「燃費」のテストでは、かつてスズキ「GSX-R125 ABS」と走った国道357号線を千葉方面へ ヘッドパイプまわりの補強や、追加されたピボットプレートなどにより、市街地からトレッキングまで幅広い走行状況を想定した剛性バランスの最適化を図っています
ネオクラシック 0• 後発のFuxuJPはバックレスをおまけでつける作戦をとっているものの、価格が高いのでspeeでボックスとバックレストを別々で購入したほうがお得です
あっという間に千葉市内を通過 フロントブレーキにはABSが装備されています
2ピストンのキャリパーにABS付きという本気の構成が、CT125ハンターカブの熱い走りを感じさせます ポテポテとつぶやくような低速域の可愛い排気音は、高回転域まで回せば「びゃーん」という刺激的なサウンドに

サンモーターサイクルズ 0• 3リットルの燃料タンクが持つ行動半径は巨大と表現できるのではないでしょうか。

市街地、大渋滞の道でも満足のゆく燃費記録です。

逆輸入車や中古車市場でも高い人気を誇る名車で、そのリバイバルモデルがこの「CT125ハンターカブ」だ。

ベースとなったのは、スーパーカブC125(2018年-)ながら、不整地路の走行にも対応するために、C125のフレームに対し、ヘッドパイプの補強やリアアームの延長などを施し、排気量124ccの空冷4スト単気筒OHCエンジンは、吸気管長を長くとることで、よりパルス感を感じさせるものになっていた。

ベネリ 0• 当時スマホなんてなかったので、USBで給電してスマホで地図見ながらバイクで走るっていう経験自体が初めてなので試してみたい。

1981年発売のCT110を引き継ぐ形で登場した、大人気のCT125ハンターカブ。

和歌山県• 給油ノズルがタンク内に入り過ぎないよう丸穴の空いたプレートの位置で、その丸穴に横バーが1本あるタイプです。

37
僕は完全に20年ぶりのリターンライダーなので、今更大きなバイクに乗る自信も、大きなバイクを停めておく場所もないのと、昔乗ったカブの扱いやすさを忘れる事もなく、ちょっとその辺まで行くのにはちょうどよくて、汚れても錆びても気にならないスニーカーのような存在だなぁと 125cc、原付二種 125cc、原付二種というのもちょうどいい
スーパーソコ 0• スタイリングは、スーパーカブシリーズのアウトドアレジャー向け派生モデルに共通した機能的でタフなイメージと、現代の生活スタイルとの調和を図った独自の存在感を主張するデザインとし、カラーリングは、市街地からアウトドアまで幅広い環境に調和するグローイングレッドとマットフレスコブラウンの全2色を設定 市街地での頻繁な発進停止や、ツーリンクやトレッキングにおけるゆったりとした巡航時など低中速域での力強さを重視した出力特性とした
島根県• トルクが出て燃費が良い予感がするゾーンです エンデュランサー 0• ちなみに、参考までに土の上でもライディングを楽しんでみたが、前述してきた各部の「余裕」はオフロードの上でこそ、とてもいいフィーリングになる
つまりthe「燃費」方式のデータが取れないのです CC110に足りない「オフ成分」が補われたものだと解釈できるし、さらには価格の差額分をはるかに超える、高級感もある
MBK 0• 佐賀県 0• メグロ 0• グリップヒーターとかも ホンダ CT125 ハンターカブ 2020年 の基本スペック メーカー ホンダ エンジンタイプ JA55E モデル名 CT125 ハンターカブ エンジン始動方式 セルフ式 キック式併設 タイプ・グレード - 最高出力 8. 人気の高さから各社からさまざまなパーツが発売されているので自分好みにカスタムするもよし、積載性の高さからキャンプ道具をいっぱい積んでキャンプツーリングに出かけたり、林道ツーリングでダートを攻めてみたり、機動性も充分なので都会の散策にはもってこいって感じで、さまざまな楽しみ方ができる、まさに万能な相棒として活躍してくれそうですよね
目指す袖ケ浦フォレストレースウエイまで2時間ちょっとで到着 北海道• これも、不整地路をトコトコと走り抜けることに適応させたものだった
カラーも販売中のグローイングレッド、マットフレスコブラウンに加えて、生産国のタイでは2021年モデルとしてサファリグリーンが追加されたとの情報も入ってきてますから、ますます人気は高まりそう シェルコ 0• グーグルマップによれば渋滞なしで2時間半
個性重視• フェニックス 0• 車体は、スーパーカブC125をベースに、市街地走行から郊外へのツーリングや林道でのトレッキングなど、幅広い走行状況を想定した車体諸元とフレーム剛性バランスの最適化を図るとともに、不整地でのトレッキング性能をより高める装備として、110mmのストローク量を持たせたフロントフォーク、アップマフラーやアンダーガードなどを採用しています カフェレーサー 0• ハートフォード 0• 神奈川県• メガリ 0• 愛媛県• ザックス 0• アイスホッケーのパックにしても壊れないGショック、結果を出せるアシックス、そして世界1億台の記録を持つカブ
63