新型 インフルエンザ 等 対策 特別 措置 法。 新型インフルエンザ等対策特別措置法第45条第3項に基づく命令を行った施設について(東京都 プレスリリース)

二 第二十条第一項及び第三十三条第一項の規定により政府対策本部長の権限に属する事務 三 前二号に掲げるもののほか、法令の規定によりその権限に属する事務 (基本的対処方針) 第十八条 政府対策本部は、政府行動計画に基づき、新型インフルエンザ等への基本的な対処の方針(以下「基本的対処方針」という。

)、第36条、第40条 (森林法第70条第1項の改正規定に限る。

(指定行政機関の長の権限の委任) 第十九条 指定行政機関の長は、政府対策本部が設置されたときは、新型インフルエンザ等対策の実施のため必要な権限の全部又は一部を当該政府対策本部の職員である当該指定行政機関の職員又は当該指定地方行政機関の長若しくはその職員に委任することができる。

5 政府対策本部長は、新型インフルエンザ等緊急事態宣言をした後、新型インフルエンザ等緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認めるときは、速やかに、新型インフルエンザ等緊急事態解除宣言(新型インフルエンザ等緊急事態が終了した旨の公示をいう。

4 市町村対策本部長は、必要があると認めるときは、国の職員その他当該市町村の職員以外の者を市町村対策本部の会議に出席させることができる。

サービスについて詳しい情報は下記リンク先をご覧ください。

64
公布年月日:令和3年2月3日• 記 1. 2 前項の場合において、関係市町村の長その他の執行機関(第三十三条第二項において「関係市町村長等」という。 日中も含めた不要不急の外出・移動の自粛について協力してください。 催物(イベント等)は、主催者は、県が設定した規模要件等(人数上限5000人等)に沿って開催してください。 一 当該都道府県の区域に係る新型インフルエンザ等対策の総合的な推進に関する事項 二 都道府県が実施する次に掲げる措置に関する事項 イ 新型インフルエンザ等の都道府県内における発生の状況、動向及び原因の情報収集並びに調査 ロ 新型インフルエンザ等に関する情報の市町村、指定地方公共機関、医療機関、事業者及び住民への適切な方法による提供 ハ 感染を防止するための協力の要請その他の新型インフルエンザ等のまん延の防止に関する措置 ニ 医療従事者の確保その他の医療の提供体制の確保に関する措置 ホ 物資の売渡しの要請その他の住民の生活及び地域経済の安定に関する措置 三 市町村及び指定地方公共機関がそれぞれ次条第一項に規定する市町村行動計画及び第九条第一項に規定する業務計画を作成する際の基準となるべき事項 四 新型インフルエンザ等対策を実施するための体制に関する事項 五 新型インフルエンザ等対策の実施に関する他の地方公共団体その他の関係機関との連携に関する事項 六 前各号に掲げるもののほか、当該都道府県の区域に係る新型インフルエンザ等対策に関し都道府県知事が必要と認める事項 3 都道府県知事は、都道府県行動計画を作成する場合において、他の地方公共団体と関係がある事項を定めるときは、当該他の地方公共団体の長の意見を聴かなければならない。 法律案・条約承認案件の本文を収録している国の機関のウェブサイトに移動できます。 6 政府対策本部長は、第一項又は第三項の公示をしたときは、基本的対処方針を変更し、第十八条第二項第三号に掲げる事項として当該公示の後に必要とされる新型インフルエンザ等緊急事態措置の実施に関する重要な事項を定めなければならない。 - ニコニコ生放送タイムシフト 2020年3月13日• )は、特定検疫港等において検疫をされるべき者が増加し、停留を行うための施設の不足により停留を行うことが困難であると認められる場合において、検疫を適切に行うため必要があると認めるときであって、病院若しくは診療所若しくは宿泊施設(特定検疫港等の周辺の区域であって、特定検疫港等からの距離その他の事情を勘案して厚生労働大臣が指定する区域内に存するものに限る。 新聞報道などをみると、すでにその手の詐欺も散見されるようなので、十分に注意しておきたいものです。 (1)新型インフルエンザ等対策特別措置法の制定目的と主な内容 この特措法は、かつて世界的に流行した新型インフルエンザ(H5N1型:いわゆる鳥インフルエンザ)の感染によって、医療現場が混乱・崩壊し、社会的な混乱が生じることによって多大な被害が生じることを防止するために、平成24年に制定されたもので、以下のような内容が定められている法律です。
85