しのぶさん 死亡。 入管で死亡のウィシュマさん/支援者ら しのぶ集い/“こんな国ではいけない”“伝え続ける”/愛知

しのぶは人並み以上に小柄で筋力がないので鬼の頸を斬る力がない、だからこそ毒を使うことに長けていますが、その毒も鬼の間で情報共有されているのでしのぶにとっては俄然不利な状況が続きます。

ウィシュマさんのことを伝え続けたい」などと話しました。

詳細は上記のリンク先を参照。

その状態でも彼は大技を出して伊之助の動きを封じ、肺が壊死する広範囲攻撃をしてこようとします。

小さいころから極楽教の教祖だった 童磨は、生まれたときから頭髪が白く、瞳が虹のような変わった風貌をしていました。

曰く、「それ(顔立ち)だけで食べていけそう」なレベルの美人。

しかし、自ら精製した毒で鬼を殺すことができます。

この毒は珠世と共に考案されたとされ、しのぶは現場に向かう時には自分は死ぬと覚悟して、向かったのであると考えられます。

しのぶさん、もしかしたら生きてるかもという希望は完全に絶たれてしまいましたが、姉の敵である童磨の散り際に言い放った最期の言葉は素敵です。

自らが死に向かっていく中でも恐怖も後悔も沸かない童磨。 。 そんなところに、カナヲがやってきて、戦うことに。 …に収録。 見どころ (第一幕) ヴィオレッタ家で華やかな社交界が開催されています。 日輪刀に潜ませている毒の調合がもし童磨に効かなかった場合、確実に自分は童磨に食べられることを予想していたのでしょう。 柱であり、実力もあったはずのしのぶさんがどうして…! ということで、童磨戦に至るまでどのような経緯があったか少し追ってみましょう。
6