アムロ ss。 暁 〜小説投稿サイト〜: 逆襲のアムロ: 目次

厄介ものは処分してしまっても いい ディミトリーはI・フィールドというものを知っていたが、アレはビーム兵器に対してだった
2機のザクが油断なく青の部隊のアジト の前で待機する カミーユはそう思っていた
ジェリドのクローはサイコガンダムの腹に届いてはいない 基地司令官室にはブラン・ブルターク少佐が多くの書面に目を通していた
2020年01月04日 土 00:30 改 2020年01月04日 土 00:29 改 2020年01月14日 火 19:07 改 2020年04月27日 月 12:14 改 2020年05月02日 土 13:48 改 2020年05月08日 金 01:42 改 2020年05月16日 土 07:17 改 2020年07月02日 木 17:40 改 2020年07月05日 日 16:51 改 2020年07月25日 土 19:34 改 2020年08月03日 月 01:39 改 2020年08月16日 日 10:14 改 2020年09月22日 火 05:35 改 2020年11月07日 土 13:43 改 2021年01月06日 水 20:19 改 2021年05月22日 土 22:45 改. 今も尚、地球圏を制し切れないのもその癖とそれを扱う者の熟練の無さが物語っている」 ジェリドはカクリコンの話に言葉を詰まらせた 勝つ気ではいるが、無邪気に楽しんでいる 様子である
やはりフランク、ヨーロッパ人などこんなものかと この後はどうなったのかな?」 本来のアムロは簡潔に答えた
「君は私のこの話を聞いたうえで、バウンド・ドックに乗ってもらう どういうことだ?」 カクリコンがジェリドに説明を求めた
シロッコは着慣れた白の軍服の埃を掃うような仕草で入って来たジェリドに声を掛けた そしてハマーンを 驚いた様子で見やる
59
「あなたたちは何者?」 女の子は手を上げ無防備ながらも、毅然と相手に対して問いかけた。 「我々は、アフリカを蹂躙するフランクのことは敵だと思っているが、 全てのフランクを敵だとは思っていない。 フランク、ヨーロッパ人からアフリカを解放するために戦い続けているし そのためには死ぬことすら厭わない。 しかしパワー負けを嫌ったのか、 ガンダムはつば競り合いを避け、後方に飛び退く。 あの木馬のような艦船が出港したところを狙うぞ。 「アムロ、ガンダム出るぞ」 「リュウ、コアファイター出る!」 ガンダムとコアファイターは一部破損したメインゲートより飛び出した。 一旦地球圏は均した方が良い。 「なかなかいい手ね」 「逃げてばかりではダメだ。