M 1 グランプリ 歴代。 大会の歴史

審査員が決勝進出者の後輩になるのはM-1史上初の事例である 予選会からネタの披露が終わるたびにセンターマイクを消毒したり、予選会場の運営を必要最小限のスタッフで賄ったりするなど、感染拡大への予防策を可能な限り講じている
審査員によっては出場者の方が年上になることもあった 」と発言、赤坂はその場で謝罪した
また、アンタッチャブルは吉本興業所属以外のコンビで、唯一最終決戦に複数回進出したコンビとなっている(2003年・2004年の2年連続) 特典映像は、「霜降り明星 THE MOVIE」として、ここでしか観られない映像、ここでしか聞けない話など盛り沢山の内容になっており、最年少王者の裏側に迫ります!また「敗者復活戦」および、ギャラクシー賞 2019年1月度月間賞 を受賞した「M-1グランプリ アナザーストーリー」も併せて収録
第6回-第9回:1回戦は2分、2・3回戦は3分、準決勝以降は4分 ゆにばーすが南海キャンディーズ以来となる2組目の男女コンビでの複数回決勝進出を果たした
が女性司会者を務めた初めての回であり、この回から現在(第16回時点)まで出演を継続している 特別審査員に限定すると、現時点でこの現象が発生したのはこの回のみである
順位は最終決戦の順位による順序、最終決戦が同票数の場合もしくは最終決戦に残らなかったコンビはファーストラウンドの順位による順序 には現役のがアマチュアとして初めて決勝進出を果たし、からアマチュアの参加者が増加したと言われる
南海キャンディーズが最終決戦進出経験者として初めて最下位になった 過半数が前年と同じ顔ぶれという大会となった
497点(1ランクアップ)• 575点(2ランクアップ)• 第4回のアンタッチャブルの673点を大きく上回り、 歴代最高得点の 681点を記録した 決勝戦の会場と放送内容 [ ] 回 決勝会場 敗者復活戦会場 1 (敗者復活戦なし) 2 前特設会場 3 4 5 テレビ朝日本社第1スタジオ 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 の第3回からを実施、の第4回から放送時間も2時間半に増大した
また、最終決戦で全組に票が入ったのも第12回大会以来、審査員7人制で全組に表が入ったのは第7回大会(2007年)以来である 初めてだからか、大会としてもバタバタしてます
敗者復活戦勝者は、発表後即座に敗者復活戦が行われた会場から決勝のスタジオに車もしくは徒歩で向かう 決勝初出場7組は、初回を除けば大会史上最多
11