カートリッジ アビス。 メイドインアビス

投稿の際はなどを用いて随時その記述のをすることを忘れないでください。

くっ…私は黎明卿ボンドルド…ここで醜態を晒すわけにはまいりません…なんて考えながら戦っていたのだろうか? 祝福を受ける前から成れ果てている肉体であったならば、既に仮面を装着する為に耳をカットしていたのでは? しかし祝福の過程を追った時にそれを否定する描写がありました。

オープニングのラストに出てくる1枚絵は一定話数ごとに変更されている。

それぞれが欲しい物は違えどお金を出せば自分が欲しい価値のある物が買える。

所持する「白笛」は一番最初の「オリジナルの自分自身」から作り出しており、この時点で肉体としてのボンドルドはこの世界から消滅している。

彼女がある日、アビスを探窟中に少年の姿をしたロボット・ レグと出会うことからストーリーが始まります。

面白い悪役とは何かと考えてみると僕の中では悪役は 「戦略的であるという事」ポンドルド、上の2人を含めて、すごく戦略的な悪役で有名なのはワンピースの黒ひげに今のところなるではないだろうかマンガの部数的に見ての話だが黒ひげもまた戦略的である。

好奇心旺盛で活発な性格。

赤笛(探窟家見習い)でありながらアビス深層を目指したリコほどではないが、危険な箇所のある『前線基地』内の探検、の実験の手伝いなど、様々なことにチャレンジしている。

プルシュカの救われない末路 レグとボンボルドの最終決戦で、ボンボルドが全てのカートリッジを費やし、最後のカートリッジを飛ばした後、真っ先にプルシュカが可愛がっていた動物 「メイニャ」がカートリッジの傍まで駆け付け、鳴きながら一生懸命にカートリッジから溢れた血を舐め始める。

46
アビス深層からやってきたと推測されている。 また、常に上半身を露出している(孤児院の時を除く)。 2000年周期でアビスに発生する異変も関係有る気がします。 ハウアーユードコカ [ ] オースを中心に描いた的作品。 オーゼン曰く「地上に帰る場所の無いろくでなし」の集まり。 赤笛(探窟家見習い)でありながらアビス深層を目指したリコほどではないが、危険な箇所のある『前線基地』内の探検、の実験の手伝いなど、様々なことにチャレンジしている。 レグ 声 - 本作のもう一人の主人公。
97