香典 お金 の 向き。 香典の入れ方には決まりがある!ルールやマナーを紹介|葬儀・家族葬なら【よりそうお葬式】

水引きの中に元通りになるように入れて完成です。

横書きでも構わないのですが、横書きの場合には、「算用数字」を使いましょう。

中包み(中袋)がついていない場合は、代わりにコピー用紙や半紙を使ってお札を包み、裏面に金額を記入します。

また、このように封入することで表側にお札の裏が向き、封筒の底に肖像が来るため故人を悼む気持ちを込めることが出来ます。

香典に20,000円を包んでもいい? 「故人との縁を切ってしまう」という意味で割り切れる偶数、「死」や「苦しみ」を連想させる、4や9の数字は避けられてきました。

ただ現代は、お札の枚数は、4(死)や9(苦)以外であれば偶数・奇数にこだわらず、ご遺族の負担を考えた適切な金額であることの方が重視されています。

人物が描かれていない方が裏になります。

12
通夜や葬儀で香典を送ることになったときに慌てることなく準備できるように、金額の相場や入れ方のマナーを知っておきたいと思う方も多いことでしょう。 中には水引が印刷された中袋のない封筒タイプの香典袋もあります。 お香典に入れるお札について お香典に入れるお札に関するルールを見ていきましょう。 初めて営む葬儀のタイプのときでも、初めて参列する葬儀のタイプのときでも、戸惑うことのないよう、どのような香典のスタイルがあるのか知っておきましょう。 香典を受け取った喪主やご遺族は、香典返しなどのために金額を管理する必要があります。 香典袋(不祝儀袋)の上包みに書く 連名は最大3名程度にしましょう。 あわせて読む 中袋・中包みの書き方 香典の外袋には、 薄墨の筆や筆ペンを使用して表書きをすることがマナーです。 せっかく用意する香典ですから、失礼のないよう相手の手元にお渡しするためのケース別に存在するマナーも確認しておきましょう。 新札を用意するか否か 地方や慣習、考え方によって差がありますが、御祝儀の場合は新札、御香典の場合は古いお札(旧札)を用意するのが一般的です。
17