氷川きよしのブログ。 氷川きよしの歌・歌・歌! 演歌からロックまで!! 夢とロマンのステージを君へ

みんなが頑張っている 昨年、東京国際フォーラムで行った「氷川きよし スペシャルコンサート2020 きよしこの夜Vol. どちらも自分らしくあることの大切を問うている
それでいて観客を巻き込む笑いの渦 人間は新しい記憶(で上書きされ)、昔のことを忘れていくじゃないですか? でも、命の記憶は絶対忘れないようにって、いっつも祈っています
そしてピンスポットを浴びる氷川 「この困難な時代に、少しでも人の気持ちに寄り添う、希望を感じられる作品、アルバムになればと思って作りました」 全12曲すべてに、今届けたい氷川の気持ちが込められている
振り付けではなく、歌の世界へ入り込み、その時々の思いで演じているようだ ~ 販売不可のチケット、作成物を売買しない ~ 上記をご理解頂き、今後とも楽しいイベントの企画・運営にご協力ください
妖艶な振り付けをみせつつ、最後は目に力を込めながらポーズを決めていた 後半はとにかく歌い続けた
その時は演出家の先生がついていたんですね 一年一年、年を重ねましたが、振り返ると多くの方に支えられて
その方の真心を、私は一生忘れないで歌って行こうという気持ちになれます」 歌い終えた氷川に大きな拍手が送られる 12曲目が『大地の子守唄』
中野サンプラザでの2日間は振替公演として4公演を行い、各回1000人(50%収容)、計4000人に夢の世界、ロマンの世界を届けた (ほかの仕事など)たくさんの台本があって・・・
「本当は全部歌いたいんですけど、そうすると4時間はかかりますから」と、「星空のメモリーズ」と「紫のタンゴ」の2曲を厳選し、「歌のプレゼントをさせていただきたいと思います」と熱唱した 昨年リリースしたアルバム『生々流転』から「枯葉」と「恋、燃ゆる」の2曲を深紅の衣装で歌うと、HKバンドが『hug』を演奏する間に、氷川は白とピンクのツートンカラーの衣装にチェンジ
氷川のデビュー記念日である「2月2日」というフレーズから始まる「碧し」 「『星空のメモリーズ』は、恩師の水森先生が作曲してくださった、大人の歌謡曲
36
その方の心の中に自分がいて、人生の最後を終えられたんだなと思うと、ちゃんと真っ直ぐに歌っていかなければいけないと思います それくらい思い入れのある曲です
必死ですよ そんな氷川のメッセージを感じる
最後は真っ白にして終わりたいという想いで収録された 「アルバムを出させていただくのは歌手として励みになります
千年後、皆さん、何してらっしゃいます?《笑》 私はたぶんミイラになっていると思います 5曲目の『みちのく恋女』は三連の歌謡・演歌になっていて、6曲目が『澄海岬 (すかいみさき)』
やっぱり主人公の思いをちゃんと自分の中で消化したいから 演歌・歌謡曲を届ける『南風吹けば』 これまで歌ってきたすべての作品は「自分の子どもみたいなも」と語る氷川は、「まったく何もない状態から作品に仕上げてくださる作詞・作家の先生」に感謝し、一曲一曲に愛情を持つ
皆さんに聴いていただいて 7曲目が『五島の船出』