プラズマ クラスター next。 プラズマクラスター「25000」と「NEXT」の違いは?シャープの空気清浄機を買うならどれが正解か|@DIME アットダイム

若いうちからアイデアを提案できる環境 そんな先輩たちの姿を見て、若手の濱野さんも意欲的に働いています。 浮遊ウイルスの作用抑制 浮遊ウイルスの作用を抑えます。 クラウドサービス「COCORO AIR」に接続することで、ユーザーの使い方を空気清浄機が学習し、運転を自動で切り替えてくれる「使い方フィット」機能や、住んでいる地域や季節にあわせて運転を調整する「おうちフィット」機能が活用できます。 年長者が若手の意見を尊重し、サポートする風土が根付いているように感じますので、「こんな製品があればいいな」というアイデアもどんどん提案できます。 さらに、従来からユーザーに評価されている「プラズマクラスターイオンで満たされた部屋に入ると、空気が気持ちいい」という感覚も、より実感しやすくなったそう。 従来の高濃度タイプの約2倍以上の空間イオン濃度を実現し、試験環境における技術試験の成果として、ストレスがたまりにくく集中力を維持しやすい環境を創出するなど、新しい効果が次々と実証されています。
31
KI-DX50(プラズマクラスター25000搭載空気清浄機、DY-S01よりイオン濃度が低い機種)の風量「強」運転で実施 また、加湿空気清浄機が照度センサーで室内が暗くなったことを感知すると、エアコンもおやすみ運転に自動で切り替わるなど、お互いの機能を利用して、状況に適した運転を行ってくれます
左が従来モデルに搭載されていたプラズマクラスターイオン発生ユニットで、右が新モデルのプラズマクラスターイオン発生ユニット 新たに搭載されたプラズマクラスターイオン発生ユニットは上の写真のようにサイズがやや大きくなりましたが、濃度を高める鍵は大きさではなく、電極(ブラシのようなもの)の「距離」にあるといいます KI-HP100(プラズマクラスターNEXT搭載空気清浄機、DY-S01の吹き出し口から約50cmの位置でのイオン濃度が同等の機種)の「パワフルショット運転」で実施
プラズマクラスターnextにはさらに、• 付着したタバコや汗のにおい、部屋干し衣類の生乾き臭を脱臭する• KI-EX55(プラズマクラスター25000搭載空気清浄機、DY-S01よりイオン濃度が低い機種)の「パワフルショット運転」で実施 そして、具体的には 「SHARP独自の空気浄化技術」 といったところ
「今日も、いい空気と 「こんな製品があればいいな」
3人ともモノづくりが大好きで、独自色を打ち出すシャープに惹かれて入社を決めたそうです そんな プラズマクラスター技術が誕生したのは今から20年も前のこと
20年もの間、地道に実証試験を重ね、誠実に効果を訴えてきた努力が実を結んだ結果と言えるでしょう クラウドサービスを利用した「生活アシスト発話」では、省エネにつながるアドバイスをくれることも 増大した風量と気流でパワフルに浄化する加湿空気清浄機 いっぽうの加湿空気清浄機ですが、ハイエンドモデルとなる「KI-HP100」は高濃度のイオンを遠くに届けるためにテントウムシの羽根を模したネイチャーファンを新開発するとともに、3方向に放出される気流を新たに採用しました
大江さんはプラズマクラスターの核となるイオン発生ユニットを、山本さんと濱野さんは空気清浄機やイオン発生機などを設計・開発しています 本体下部にファンモーターが搭載おり、吹出口のすぐ下にプラズマクラスターイオン発生ユニット(グレーの部分)が装備されています
新開発のプラズマクラスターイオン発生ユニットと大型化されたファンモーター、イオン発生部への風速が一定になるように風路を改良したことで、より高濃度のプラズマクラスターイオンを放出できるようになったそうです 実はそのネーミングの通り、発生するプラズマクラスターイオンの単位体積当たりの個数、すなわち濃度を表しているのですね
69