ハズ ビン ホテル 2 話。 ハズビン・ホテル

ハスク飲んだくれのおっさん(ハスキーボイス)だけど見た目は猫ちゃん などなど、それはもう魅力あふれるキャラが勢ぞろいなので、気になるキャラが一人は見つかること間違いなし。 地獄は常に人口過多で、定期的な大虐殺によって人口を維持している状態。 車がホテルの前に到着する。 1行目の時点でオタクが好きなやつですね。 天真爛漫で快活、ポジティブなお嬢様。 彼女は悪魔らしからぬポジティブな理想家で、ニュース番組などに積極的に出演してはハッピー・ホテルを宣伝するが、極悪非道にして下品下劣な悪魔たちは彼女の優等生的発想を嘲笑い、更生などクソくらえと見向きもしない。 舞台は地獄。
88
公式チャンネルにてパイロット版より以前に公開されていた短いクリップには、これまた有志の方がつけてくださったと思われる日本語字幕がついているためです。 イタリア系犯罪者一家の生まれ。 音楽 [編集 ] 作中にはシーンが複数含まれており、挿入歌の一つ『悪魔は皆心に虹がある』(Inside of Every Demon is a Rainbow)はが作曲を行っている。 provided courtesy of iTunes 名曲。 サウンドトラック• チャーリーに対しては「彼女の笑顔と前向きな態度が好きだ」「魅力的な悪魔の美女」「ユニークだ」と語り総じて好意的。 されどチャーリーはめげず、カメラに向かって熱意をこめ、地獄の改善策を訴える。 皮肉屋で歪んだユーモアセンスの持ち主。 CV:Jill Harris、歌:Elsie Lovelock 地獄の魔王ルシファーと女王リリスの間に生まれた地獄のプリンセス。
50
Maxwell Atoms• ミュージカルやハッピーエンドの物語が大好きで、歌は最高の自己表現と主張してやまない このシリーズは、自分の王国の人口過密問題を円満に解決するために悪魔を更生させるという、一見途方もない目標を掲げるの王女、チャーリーを主軸に置いている
公式で明らかとなった情報によると、数十年前の出現と同時に何世紀もの間地獄を支配下に置いていた古代の悪魔を虐殺し、その模様をラジオ中継した事でラジオ・デーモンの異名を得た 好きな小説は『パーシー・ジャクソン』『ハリー・ポッター』『ハンガー・ゲームズ』など10代向けの冒険活劇でヤングアダルト小説全般を好んで読む
ちなみに生前は眼鏡をかけた茶髪の男性で、サスペンダーにシャツ、黒いスラックスを着用していた ・地獄のポルノ映画界のスーパースター ・ヤク中 ・巨乳だけど男 という属性てんこ盛りな人
ホールには風船や花輪、「ウェルカム」の横断幕が華々しく飾り付けられていたが、チャーリーとバギー、エンジェル・ダスト以外の人けは皆無だ パイロット版のあらすじ 物語は 地獄で、主人公は 地獄のプリンセスであるチャーリー
「お気に召したかな?」とアラスターが聞けば「最高!」とバンザイし、親友の喜びぶりにバギーも渋々「まあね」と認める (こちらは日本語字幕つき) 見ていただくとわかりますが、 デザイン・色彩・音楽・演出などなどすべてが センスの塊で、 かつ地獄というおどろおどろしい舞台にふさわしい ダーク・サイケデリックな雰囲気、一筋縄ではいかない 個性あるキャラクター群により、 大変魅力的なアニメーションになっています
「手助けにきたのだ」と申し出たアラスターに、「もしかして協力したいってこと?」と念を押すチャーリー どうしようもない奴だけど、領土争いの戦闘中に仲間をかばったり、落ち込むチャーリーを前に戸惑う表情を見せたりと、 ちょっと人間味があるのが可愛くてずるい
この世界では地獄に落ちた罪人が悪魔となる ふわふわの金髪とピエロのようなメイクが特徴で、ホテルマンを彷彿とさせる赤いタキシードに身を包む
「なんてこった!」と駆け寄ったエンジェル・ダストは、ドラッグの袋が押し潰されて悲嘆に暮れる