餅 おばあちゃん の 物語。 90歳でもまだまだ現役!元気に笹餅を作り続ける桑田ミサオさんの著書「おかげさまで、注文の多い笹餅屋です」は本日発売!

桑田ミサオおばあちゃんの笹餅は年間 5万個も売れています。

40

で、それを聞いたミサオさんは、何でも心の持ちようなんだなと悟り、なんでお母さんに愚痴を言ってしまったんだろうと後悔し、その後、二度と愚痴を言わなくなったと。

仕事を語る時の瞳がキラキラしていて、仕事が仕事を教えてくれる、の言葉から本当に働く事が好きなのだと伝わってくる。

・厳選した材料とおいしい地元の湧き水を使う ・餅粉も製粉機できめの細かい餅粉を自分で作る こうして最高の材料で機械を使わずに自分一人で全部作っちゃう。

あと、ミサオさんが結婚されて、二人のお子さんを育てるのに苦労して、その愚痴を母親に言うと、それは大変だねと労をねぎらってくれつつ、「でも私は(お前を含めて)4人の子供を育てたけれども、一度も苦労したと思ったことはないよ」と言ったんですって。

93歳になっても元気に作り続ける桑田ミサオさんはどんな経歴なのでしょうか? NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」にも出演し話題になりましたが、再放送はあるのでしょうか? 桑田ミサオおばあちゃんについて• 仕事の流儀には、その人の生き方が表れる。

59