恋人 ごっこ 歌詞 マカロニ。 マカロニえんぴつ 『恋人ごっこ』 歌詞

といったメッセージ性を持っているのかなと筆者は解釈しています。

伝えられなかったことを後悔している。

例えそれが演技だとしても、会えなくなるよりは、よほど良かったのでしょう。

その後1番Bメロの歌詞が続きます。

良い曲だと思った。

歌詞にヒロイン側の視点はないが、ヒロインは主人公に関心を持っていないような表現で歌詞が綴られている。

しかしこれはマカロニえんぴつのメンバーが語った話ではない。

試聴する KKBOXを起動 恋人ごっこ 作詞:はっとり 作曲:はっとり 「ねえ、もう一度だけ」 を何回もやろう、そういう運命をしよう 愛を伝えそびれた でもたしかに恋をしていた 恋をしていた 缶コーヒーで乾杯 シーツは湿って どうにもならない二人だ 言う通りにするから、 恋人ごっこでいいから 今だけ笑っていてほしい 余計な荷物に気付くのは 歩き疲れた坂道だ 忘れていいのはいつからで 忘れたいのはいつまでだ? 「ねえ、もう一度だけ」 を何回もやろう、そういう運命でいよう 愛を伝えそびれた でもたしかな恋をしていた 恋をしていた 無駄な話に頼るのだ 隠し疲れた罪を運ぶため 忘れていいのは君なのに 忘れたいのは僕だけか 「ねえ、もう一度だけ」 もう無しにしよう?そういう運命を取ろう 愛を伝え損ねた またこんな恋をしてみたい 恋をしてみたい 裸や、撫で肩や、キスや乾かない髪 もう一度あなたと居られるのなら きっともっともっとちゃんと ちゃんと愛を伝える もう二度とあなたを失くせないから 言葉を棄てる 少しずつ諦める あまりに脆い今日を抱き締めて手放す ただいま さよなら たった今 さよなら. なぜそうなるかというと、別の男性の存在があるからで、男性もそれに気がついているけれども、それを承知で「恋人ごっこ」を続けている。

叶わなかった運命があるということ。

なぜそうなるのか。

78

忘れていいのは恋人ごっこを楽しめていた自分• 【マカロニえんぴつ】の「青春と一瞬」について、歌詞の意味を徹底的に考察および解説していきたいと思います。

思い出にしないために忘れないといけない恋がある。

リアルな歌詞と、どこか懐かしいサウンドが人気の大注目バンド「マカロニえんぴつ」。

まさに本楽曲の歌詞で描かれているのも、大人であるために、もとい大人のズルさを持っているために生まれた主人公と彼女の関係、それに対する主人公側の葛藤となっています。

2020年2月にリリースされた曲で、演奏しているマカロニえんぴつは、2012年に、洗足学園音楽大学で結成されたバンドだそうです。

53