シャープ ドレープ フロー ドライヤー。 【レビュー】シャープドライヤーIB

今回シャープが発表したドレープフロードライヤーは、後者の髪ケアタイプの製品。

なお、重量は610gと決して軽くありませんが、ノーズが短いため安定して取り回しができます 他の有名なドライヤーと比べても、同じか、ややウルサイくらいの音の大きさだよね
1㎥/分 2つの吹き出し口から出る風で髪を押し分け、効率良く乾かす 近年は、ダイソンやカドークオーラからノーズがないドライヤーが登場しているため、筆者自身初めて見たとき、「このデザインがトレンドなのか」と思いました
モードは、温風冷風を交互に出す「BEAUTY(ビューティーモード)」頭皮ケアに最適な「SCALP(地肌ドライモード)」などを用意• ヘアサロンで美容師の方が2本のドライヤーを使って髪を乾かすのがヒントになり、今回のドライヤー開発につながりました ドレープフロードライヤーIB-WX2の風量 ドレープフロードライヤー IB-WX2の最大風量は約1. そんなわがままな要望をかなえてくれそうなドライヤーが、シャープから登場しました
なお、「センシングドライモード」は使用法によっては風温が低くなるので、「スピーディードライモード」使用時よりも、髪を乾かす時間は2分以上長くかかりました 高級ドライヤーのパナソニック「ナノケア」でも最大風量は1. 新製品発表会では、実際に製品を体験することができたので詳細をレポートします
ヘアサロン ステアケースのアートディレクタースタイリスト、時枝弘明氏 編集部が選ぶ関連記事• センシングドライモード時はつねに送風口と髪との距離をチェックし、髪が遠い時は温度を高くして乾燥性能をアップ 昨年9月に発売した「プラズマクラスタードレープフロードライヤー」<IB-WX1>
ところが、プラズマクラスターを吹き付けると髪にマイナスイオン、ブラシにプラスイオンを付着させて中和させ、静電気を抑制できるのです しかし、実際はトレンドを追ってこの形状になったわけではないようです
風がひとつにまとまりブローしやすくなります ドライヤーとしては初めて距離センサーを搭載 ドライヤーとしては初めて距離センサーを搭載したのも本製品の特徴です 1立方メートル(ターボ時)なので、他社の高性能ドライヤーと比較すると風量は少ない部類です
通常、ドライヤー自体を髪に近づけたら、結局髪に当たる温度は上がってしまいますが、「センシングドライモード」を使えば、距離センサーがドライヤーの吹き出し口と髪の距離を計測 振らなくてもいいように設計しています
この髪をドレープさせる(波立たせる)効果により風が一度に当たる面積をアップし、速乾性が上がっているそうです 下田 髪の毛を早く乾かすには、風が当たった時の髪の動きも影響しています
54
キューティクルが引き締められると、髪から水分やタンパク質が逃げにくくなったり、外部からの刺激に髪が守られて、ダメージに強い髪になります。 ドライヤーは髪の1か所だけが加熱されないように「左右にドライヤーを振りながら乾燥させる」ことが多いですが、ドレープフロードライヤーはハンドルを持った時に重心バランスがよく本体を左右に揺らしながら使用してもドライヤーに振り回されることがありません。 「ドレープフロードライヤー」(左)は一般的なドライヤー(右)に比べて、広範囲に風を届けてているのがわかります。 過去の記事• 新製品で温風をあてていきます• 吹き出し口が2つあるので、当然2か所に風が当たり、結果的にかなり広範囲に風が当たっているのがわかります。 この2つのスリットから風を吹き出すことで、「片手に2台のドライヤーを持って乾かす」というサロンのテクニックを再現しているのです。 カラーはシェルピンクとシェルホワイト 「速くラクにキレイに乾かしたいというユーザーニーズに応えるため、ヒントにしたのはヘアサロンでの乾かし方です。 具体的には、髪に左右から風を当てることで髪を2つに分け、ドレープのように髪をなびかせながら風を当てることが可能。 2か所から風が出るから、広範囲に風が広がって、髪が早くよく乾くんだー。 さらさらな仕上がりが好みの方に向いているかと思います 「センシングドライモード」についても、自分のドライヤー使いを客観視できるという点で、非常に新鮮でした。