松下 電工。 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

2
これは4月の完全子会社化以降検討されてきたもので、戦前に松下幸之助が提唱した事業部制を経てに「松下電器株式会社」として分社されて以降続いた「2社体制」は終了し、元に戻ることとなった DR2312• 津工場(三重県津市、エナジーシステム事業部)• 冷熱空調デバイス事業部• WOODYという呼称は、1970年代に同社から販売されていたカラーテレビにも使用されていた
ツール・プログラム類のご利用等により万一何らかの損害が発生したとしても、当社は一切責任を負いません DR5210• - グローバルブランドを「 Panasonic」に統一、グローバルブランドスローガン「 Panasonic ideas for life」の導入
先の松下電工(当時)との事業統合により、両社ともオレンジ色のNationalロゴへ変更された 1990年よりナショナルブランドからパナソニックブランドに変更 、2012年頃に生産終了
その第1号は「パルックボールプレミアQ(クイック)」シリーズと細環型蛍光灯「スリムパルックプレミア」シリーズ) 1988年、「楽園」に代わるエアコンのブランドとして登場
これにより親会社パナソニックと重複する三洋事業のリストラを加速する The 3(ザ・サード) 1980年代前期に販売されていたアイワの「キャリングコンポ」などに対抗するためのシリーズ
2月 - の開発に関して日立製作所と提携し、同社と合弁で特許管理会社を設立する他、原材料の調達や電子部品の開発などを共同で行う 後にカセットプレーヤータイプも発売された
製品の特徴から、主には・工事現場・ロードサービスなどで使用されている ランドリー・クリーナー事業部• また、旧松下通信工業から同社に移ったデジタル「おうち電話Ru・Ru・Ru」とは子機が共通化されている
- 大阪市(現・大阪市二丁目)に新工場(第一次本店・工場)を建設して移転 南門真地区(大阪府門真市)• COUGAR(クーガ) 1970年代に販売されていた高性能のシリーズ
「GO」は主にラジオ付きテープレコーダーであり、CMキャラクターにはを起用 [ ] グローバル展開もしており、数々の業界(、などのシステム、、、、)で世界シェア1位を誇る
95
株式会社• 株式会社• ) 注1 を承継する会社として,松下電工株式会社(以下「松下電工」という。 2月 - 専務が社長に就任。 (12月25日)• 最上位の4800は完全な通信用受信機。 守口地区(大阪府守口市、エナジーデバイス事業部)• 8月 - 松下電器貿易、松和電器商事(1943年本社へ編入)を設立。 しかし、軍需産業とみなされたことと大資本のため統廃合の制限がされた松下電工(当時 松下航空工業)以外の分社を再統合(合併)して事業部制に戻し、などの製造を開始した。 DR278• この「National」ブランド使用は2008年6月30日製造・出荷、発売分をもって終了し、翌7月1日より順次「Panasonic」への一本化を開始した。
53