ある日 お姫様になってしまった件について。 【ある日、お姫様になってしまった件について】第100話の感想と妄想 ※韓国最新話ネタバレ注意

そんななかルーカスが口火を切ります。

なんか感動したクロードが頭に浮かんで可愛い。 クロードは5歳くらいに見える。 姫様に手紙を送れば返事はくれるけれど、姫様も陛下の容体を手紙に書くことはできないだろうし・・・おじさんにはいくら聞いても何も答えてはくれないし・・・。 ちょっと 神経質になりすぎちゃった。 私のこと一切覚えてないってのに、 なんで私を呼ぶのよ・・パパ嫌い。 形式的な挨拶をかわし、本題に移る。 しかし突然アナスタシウスが豹変します。
85
お前に危害を加えた者も残らずすべて・・・」(デビュタント思い出してニヤリw)「そうじゃなくて!私に言いたいことがあるんじゃないの?」アタナシアの叫び声に圧倒されて目を見開くクロード 多分最期が「俺を選べ!」のクロードだったから、それだと未練も残るよなあと思ったり
』 『いいえ、当然のことです フィリックスが止めるのも聞かずに巨大な魔力の中に飛び込むクロード
前世で孤児だった自分は、睡眠薬を飲んで 目を覚ましたら赤ちゃんになっていたのです そう思うしかない美しい描かれ方でした
私は、大丈夫です ダイアナ様の話をもっと掘り下げてほしかったですが、二人が幸せな日々を過ごしたことは間違いなく、逆に妄想の余地を大幅に残してくれたということで、これからたくさん妄想したいと思います
物語が進むにつれ、アタナシアを可愛がるようになり、アタナシアを傷つけるものは許さない過保護パパになっていくものの、徐々に変わっていったんだと 飲み物の好みまで変わっていて・・・普段の父ではないと
父性が目覚めていく過程が良すぎて無理 頭をなでてくださったのかな? そのジェニットをなでた手をじっとみつめていめるアタナシウス
ここで待ってます ) 『ありがとう
自分の出生の秘密を知ったジェニットは,否定を求めるようにクロードを父と呼びますが,クロードはそれを拒絶します 笑 いつまでも執着するあたり、アエテルニタスも誰かに愛されたかったのかな?と
『姫様 しかし、 『 お前を娘と思ったことはない』 と、クロードは残酷な言葉を吐きました
アタナシアのこと、皇帝のことを侮辱している行為 そしてお腹に手を当てながら悲しそうな顔をしたダイアナ
52 76