ファン ボックス。 特徴

ですが、そのレベルに達している人はごく一握りなのかなと思います。 やっぱり特典はないよりもある方が嬉しい。 あとは実際の使い方や、支援者にはどういう風にコンテンツが見えているかを知っておかないと、自分がpixiv FANBOXを運用する時に、やりづらいという理由もあります。 特典の内容は、• 笑 pixiv FANBOXというサービスとしてのコンセプトとしては、あくまで見返り(特典)を求めないパトロン的な支援だと私は考えています。 ご参考:製品による風量-静圧特性の違い 簡単取り付け 必要な周辺機器を別々に手配した場合、多くの部品を一本のねじで組み付けるのは時間がかかり、交換も大変です。 私もサービス開始とほぼ同時期に、pixiv FANBOX(ファンボックス)の運用を始めました。 そこで1点問題が出てきました。 つまり、クリエイターが自分のファンから毎月いくらかの金額で支援を受けられて、それを創作活動に還元する…といった趣旨のサービスです。 商品は要らないけど応援したい!という人にはうってつけ。

笑 しかし先程書いたように、 家にモノを増やしても管理できないので、この pixiv FANBOXを通して支援ができるのはとてもありがたいのです。

支援者限定のデータを配布 したり、その辺はクリエイターさんによって様々です。

回転低下アラーム機能搭載 異物の混入などによりファンの回転速度が低下するとアラーム信号を出力します。

装置への影響を最小限に抑えることができます。

pixiv FANBOX運用者は、 誰が自分を支援してくれているのか、クリエイター側で分かるようになっています。

一体型だから選定、手配、取り付け、メンテナンスが簡単 制御盤ファンユニットは一体型構造のため特性が明確で、選定時の手間が少なく、手配も簡単です。

今回は前編ということで、まずはpixiv FANBOXを使ってみて感じたことをメインに書いていきます。

— 柚水 流亜 ゆみな るあ コピックイラストレーター yuminarua 私自身、同じコピック使いで頑張ってらっしゃる方はそれだけで肩入れしますし、気持ち程度の金額かもしれませんが、 「お互いコピック頑張ろうぜ!」 という感じで支援したくなってしまいます。

5 8