シェリル メイソン。 【DbD】シェリル・メイソン(ヘザー)の固有パーク一覧と性能解説

更にハリーの実体験をベースとし、幼い頃から訓練を受けていた。

実はその土地は古くから不可思議な力を持っており、心に闇を抱いた者を異世界へと引き込むことがあるゆえである。

その後、ハリーとのやり取りを重ねるごとに真相に気付いていき、終盤では遂に自らの死を自覚して血にまみれた呪縛霊へと変貌し、最後はカウフマンを道連れに奈落へと消えた。

面倒見がよく直情的なシェリル・メイソンは、以前はヘザーと呼ばれており、養父であるハリー・メイソンの死という悲劇から自らの人生を立て直した。

なので名前も偽名を使わなくなったシェリル・メイソンである。

その後、『1』の冒頭にアレッサと融合して再び一つの存在となるが、それ以降はアレッサと運命を共にし、最後はハリーに感謝を示して息絶えた。

翼はなく、脚も未熟だが、かなりの巨体で、炎を操る。

物語の終盤、儀式の術者であるウォルターを倒し、アイリーンと共に生還した。

()(1999年)• 並べてみると再現性は非常に高く、細かく表現されてます。

(・・Windows)(2008年、国内未発売)• しかしその直後に本性を露にしたダリアの口から、自分が騙されていたことを知り、絶望するが、シェリルとアレッサの両方を救いたいと思うようになり、異世界の最深部を目指し、最後はアレッサから生み出された神を倒し、アレッサとシェリルの生まれ変わりである赤子を抱き抱えながら異界から脱出した。

16 18