細見 美術館。 細見美術館|【京都市公式】京都観光Navi

美術館には、菜蟲譜に登場するかわいらしいカエルをモチーフにしたバッグや手ぬぐい、マウスパッドなど、この美術館でしか手に入らない、オリジナルグッズも充実。 この屏風を収蔵することになったMIHO MUSEUMは、このほかにも数点、若冲の作品を収蔵。 The collection has spanned three generations of the Hosomi Family. 実業家・日本美術コレクター、故 細見良(初代古香庵)に始まる細見家三代の蒐集品を基礎として、神道・仏教美術から茶の湯の美術、江戸絵画まで、日本美術のほとんどすべての分野・時代を網羅するコレクションを所蔵しています。 これらを中心に四季折々のテーマで年に4~5回の企画展を開催、関連の講演会や季節ごとのお茶会なども開催。 やりなおしてください。
74
現在は紙クーポンのみ、電子クーポンについては今後取扱予定です)• 若冲の代表作である『動植綵絵(全30幅)』や、『旭日鳳凰図』を所蔵。 美術館について 細見美術館は、公益財団法人細見美術財団が運営する美術館です。 本展で紹介する「小柴垣草紙」や「稚児之草紙」などは、鎌倉時代の春画を彷彿させる作品です。 弊社サイトの現バージョンは、日本の日本語の利用者を対象としています。 CMS(キャンパスメンバーシップ)加盟校 会場にて学生証・職員証をご提示のうえ、入館チケットをお受け取り頂き、ご入場ください。 新年は、1月5日 火 より開館いたします。 (京都市美術館での優待割引も休止となります。 長らく所在不明の作品だったのですが、1999年に72年ぶりに発見され、2009年に国の重要文化財入りした作品です。 (京都市美術館での優待割引も休止となります。 展覧会情報やイベント、開館情報など、当館の情報をお届けします。