鬼灯 の 冷徹 夢 絵。 鬼灯(鬼灯の冷徹) (ほおずき)とは【ピクシブ百科事典】

に構図が似ているが、女主人公の友人の女性がや彼氏持ちであり、女主人公よりも出番が少ない男性キャラが個性を与えられて客体化されている(その上で女主人公の名前がなかったり、出番が少ない男性キャラの目が伏せられたりしている)。 タグは「鬼灯(鬼灯の冷徹)」ではなく「鬼灯」の方で使われることが多い。 186• 397• 黄泉に来たばかりの幼い頃、当時まだ地獄もなく荒廃していた黄泉で生きていくために 住居まで自作するレベルで(手ごろな洞窟を自力で切り拓いた)何もかもを自作・調達するサバイバル生活を送っていた経験からかなりの多芸。 180• 168• 297• そこには裁判官である 閻魔大王と、彼の第一補佐官の鬼神・ 鬼灯を始め数多の獄卒がいる。 153• 中には、1番目よりも4番目を自己投影しやすいと解釈する人もいる(男性でと揶揄される話が好きな人、ラブコメのヒロインよりもバトル漫画の影が薄いヒロインが好きな人に似ている。

出張や現世の視察や地獄での仕事で1人で仕事をこなすには困難な時は他の補佐官に交代してもらうので、各補佐官同士との関係は良好(と樒に頼むことが多い)。

普段は日本のゲームにハマっていたりメイド喫茶そのものの生活を謳歌しているらしく、しばしば鬼灯に「暇だろ」「キモい」と言われている。

(愛され視点)から(恋する視点)まで。

性格でも、主たる部分が違えどそれ以外の点では鬼灯と似通った部分が多い。

421• 版権キャラが実在する百貨店やファーストフード店やコンビニの商品(店名、商品名はで伏せてある)を持っている。

赤いに黒い衣服で帯を貝の口に締め、その上から結び切りの帯飾りを付けている。

181• 周囲の男女からの反応を見ると、良い容姿の持ち主と見て良い様である。

道教に通じる神獣であるためか、「絵に書いた物を実体化させる力(術)」など、様々な仙術を知る。

44

第弐期最終回終了後、第弐期その弐が放送された。

和漢薬の研究をしているとは、主にその点で顔を合わせることが多い知り合い。

の権威で生薬に精通しており、漢方薬局「極楽満月」を営む。

一人称は「私」。

なお、「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」ランキング 1位に選ばれた。

人語を操り、この世の森羅万象に通じているといわれる。

376• しかも内気な性格な上に影が薄くて周りに気づかれにくい。

8