お盆 の お供え は いつまで。 お盆飾りはいつからいつまで飾るの?飾り方や片付け方法は?

7月の終わりごろから8月のお盆までに、ご寺院様が棚経(盆経)に来られるご家庭は、事前にお盆祭壇、お盆提灯、水棚などの準備をしておきましょう。

まだ、極楽浄土にたどり着いてもいねーのに、そっちなんて行けねーよ!! となってしまいます。

しかし、日本は明治時代から新暦にシフトしてしまいました。

「御霊供膳(おりくぜん)」ともいいます。

見た目が小さな山になるように、高さをつけて盛り付けます。

法事のときは抹香を使いますが、普段は長持ちする線香を使います。

蓮の花と同様に、 果物の形をした落雁もお盆の時期によく見かけます。

こちらはみたらしやあんこなど甘いお団子です。

いずれも、迎え盆前日までに準備しておくようにしましょう。

お盆のお供え物なのに、お盆の期間を過ぎてしまったら意味がないですよね。

46

・のしをつける 種類を選択する などのボタンは わかりにくい事が多いので気をつけましょう。

最初なので、気合を入れて、お坊さんや親戚、知人を呼んで、法要をしたりするんです。

メタ情報• 仏壇に直接自分が供える場合には、仏壇にお参りをする際にお供えをします。

1日1食だけお供えするというご家庭もありま すし、1日2食というところもあるようです。

そして、ご先祖様から向かって左に親碗 ご飯 を、その右側に汁椀 お吸い物、みそ汁 を、お膳の真ん中に高皿 香の物・漬物 、親碗の奥左側に平椀 煮物 、平椀の右側に壺椀 煮物・和え物 を配置します。

直接家に伺えない場合は、お盆の2日前くらいに届くように送ります。

その他お供え物にした食べ物については、 食べられるものはできるだけ家族でいただきます。

ご先祖様を敬う気持ちでまた1年家族が無事に過ごせるよう 見守っていて下さい、また安らかにお眠り下さい、と 心を込めて弔うのですね。

11
ちょっとした手間でもご先祖さまにとっては、その気遣いは嬉しいものなのです このお盆の時期は祖霊へのお供えものとして、親族の方や知人の方からのお供えものをいただきますが、仏壇へお供えする前に、是非気をつけていただきたいことがあります。 日持ちのする常温で管理できる水菓子、ゼリー、羊羹はやはり無難NO1 かもしれませんね。 日持ちする事 お盆の期間は13日にお迎えしてから16日にお帰りになるまで、4日間と意外と長いです。 この時、 お箸は、仏壇からみて手前になるよう に置きます。 精霊馬、これは食べてはいけません。 ・ ・ ・ ・ お盆提灯-ご仏前を華やかに- お盆提灯は、お盆祭壇やお仏壇などご仏前を明るく華やかに照らしてさしあげるためにお飾りします。 御供え物 水棚には蓮の葉、サトイモの葉、または小皿などを敷き、ご飯、団子、果物、菓子、水の子 洗米にニンジン、ナス、キュウリなどを細かくしてまぜたもの をお供えします。 精霊馬 お盆にナスときゅうりで作る馬と牛は精霊馬、精霊牛と呼ばれています。 ご先祖様が暗い道中を、六角切子灯籠の明かりをたよりに、ご当家へ向かわれます。