中国 バッタ アヒル。 バッタの大量発生で中国がアヒル10万羽を派遣する理由

つまり、この変異は、生育を維持するのに困難な場所から、新たな生育地への移動を促すという、適応的な意味があるものと考えられる。

そんな中で「10万羽のアヒル軍がバッタを退治するために中国からパキスタンに派遣される」という中国発ニュースが2月下旬から世界を席巻している。

対策チームの見解ではない 中国政府がパキスタンに対策チームを送ったのは2月24日。

今や中国のバッタ大量発生のアヒルを用いた蝗害対策は有効であるため、2000億匹ものサバクトビバッタ大量発生をアヒル10万羽派遣で対応しようとの案も出ているほどです。

既に元記事は存在しないため、キャッシュから拾います。

その被害は20カ国以上、面積にすると130,000平方キロメートル、対策費に4億ドル以上かけましたが、被害額は25億ドルにも上りました。

GIZMODEはなかなか詳しい説明をしていて、国際連合食糧農業機関(FAO)の主任蝗害予報官(!)のKeith Cressmanにも話を聞いています。

工作组由农业农村部国际合作司、国家林业和草原局草原管理司、全国农业技术推广服务中心、中国农业大学和山东省植保总站派员组成 対策チームは、農業農村部の国際協力部、国家森林草地局の草原管理部、国家農業技術普及サービスセンター、中国農業大学、山東植物保護局のメンバーで構成されています。

"Duck troops" gather at the border to face locust swarms — CGTN CGTNOfficial 実際に、バッタの大量発生で問題になっている中東付近への中国側からのアヒル派遣は、気候的な意味で難しい場面もあるかと考えられますがアヒルがバッタ大量発生の有効法であることは過去の事例より判明しております。

76 85
国連食糧農業機関(FAO)によると、群れの規模はケニアでは過去70年で最大を記録した。 。 人間はどう対応するのが最善か?今の支援の方法でいいのか?殺虫剤の害は本当に理にかなっているのか? 実はわからないことづくしのことでもあるのです。 *** 中国圏・英語圏のメディアから 色々な記事を読んでいくと、どうやら中国語圏の初報は、浙江省紹興市のローカルメディアである越牛新闻の2月26日のようです。 アヒル軍のパキスタン派遣の話は立ち消えになり、そもそも最初からデマではなかったかと疑われている。 一部メディアによると当局のバッタへのモニタリングや早期警戒、対策能力は近年向上していることからも、サバクトビバッタが中国に襲来しても危害をもたらす可能性は低いと報じているものの、「前例にない規模」のバッタの襲来は、何らかの対策を取らなければならないこととなるだろう。 Cressmanによれば10万匹のアヒルが1日に2000万のイナゴを食べたということで、これでは半分も満たしません。 このニュースでほっこりした人は、パキスタンをはじめとした蝗害の深刻さも、少しは思いを馳せることも、必要かもしれません。 ナパーム弾とか爆破とかは現実的ではないです。
85